お薦めの本:

終活をしようと思ったとき、

​死が怖いと思ったときに

きっと役立つ本をご紹介

 池田晶子著『人生は愉快だ』毎日新聞社 2008年

 命とは、生きるとは、死ぬとは、、一般的な悩み

 苦しみの本質を根底から覆してくれる本。

 痛快で読みやすい哲学書。

  ”老いるという経験は、誰も初めてのことであるはずで

  せっかくの未知なる体験を否定してないものにして

  しまうのは惜しい。死ぬとか病むとか老いるとか、

  当たり前のことを否定として捉えるから人は苦しむ

​  ことになるのでしょう” (P13より引用)

アルフォンス・デーケン著

『よく生き よく笑い よき死と出会う』新潮社 2003年

​ 死生学者、哲学者、上智大学名誉教授。死への準備教育の

 重要性を日本で説き続けている。衝撃的な祖父の死や幼い妹

 の看取りという体験を交え、易しい言葉で語りかける本。

  ”ただ死を待つのではなく、戴いた命を最後まで大切にいきること

  これもその時の看取りを通じて学んだことです。(中略)

  「お父さん、さようなら」「お母さん、さようなら」

  (中略)「アルフォンス、さようなら」…………

​  「また、天国で会いましょう」(中略)妹は介護されるだけの

  受け身の存在ではなく、「死」というドラマの立派な主人公

  でした。そして、子供ながらも、確信を持って、積極的に、

  死を迎えることができたのです”​(P29-30より引用)

エリザベス・キューブラー・ロス著

  『「死ぬ瞬間」と死後の生』中公文庫 2001年

 著書『死ぬ瞬間』で有名になったスイスの精神科医。

 死に際した患者の死の受容プロセスは世界的に有名ですが、

 あえて、その後のロス博士の言説が読めるこの著をご紹介。

 アカデミックな環境下で研究してきた博士が、勇気をもって

 別の視点から死を語る。臨死体験や、いわゆるお迎え現象

 なども語られており、学者が批判を恐れずにここまで言葉

 にしたこと自体、大変意義深い。講演集であるため、時に

 ユーモアを交えており、楽しく紐解ける一冊。

 

千葉敦子著 

 『よく死ぬことは、よく生きることだ』文春文庫 1990年

 

 自らのガンを真っ向から見つめながら、ジャーナリストとして

 仕事を続け、最期まで毎日を全力で生きた女性の手記。

 ガンという敵に対し、目を逸らさず闘い続けた勇敢な記録。

 家族がいなくても友人がサポートしてくれた様子は、今後の

 「おひとりさま」社会のバイブルにもなり得るだろう。

  ”死への準備期間を持てるという意味で、ガンはなかなか

  素晴らしい病気だといえる。事故や心臓発作などであっと

  いう間に死ぬ死に方がいいと思っている人が多いらしいが

​  私は反対だ”(P269より引用)

  

Copyright ©Bucket List Club All rights reserved.